部屋をキレイに使うために

不動産屋からアパートやマンションなどの部屋を借りて、一人暮らしをされている方は多くいます。一人で暮らすことは誰からも干渉されないので、ついつい不動産から借りた部屋を散らかしてしまいがちです。しかし汚いまま使うと、精神的も衛生的にもよくはありません。 そこで、ここでは不動産屋から借りた部屋をキレイに使うコツをお教えします。まず部屋が汚い人の特徴というと、物が捨てられないということです。物が溢れて、どこに何があるか分からない状態となってしまうのです。そこで、キレイに使うために最適なのが、断舎利を実践することです。 この断舎利というのは、日常生活に不要なものを捨てることで、物への執着をなくして快適な人生を送るという考え方です。本当に必要なものだけしか持たないので、シンプルな暮らしができます。物を捨てるといっても、何を基準に処分すれば良いか分からないという方が大半です。処分する基準は、その物を使っているか、使っていないかで判断することです。多くの方は物を捨てる時に、いるか、いらないかで判断します。そうすると、なかなか捨てる事ができません。ですが、使っているか使っていないかで判断すれば、捨てるべきものが明確になります。 たとえば、捨てられなくて溜まってしまう物というと、洋服があります。処分する時にためらいがちですが、2年以上着てないものは思い切って処分したほうが良いです。覚悟を決めて処分していくと、意外と楽しくなってどんどんゴミ袋へ捨てる事ができます。そして、服を処分したら、クローゼットにかけるハンガーの数を決めておくといいです。数を制限することで、洋服を新しく買うときに必要かどうか真剣に考えるようになります。 その他にも、昔の恋人との写真や友達からの贈り物など思い出の品も、なかなか処分できないことが多いです。この処分する基準は、自分を楽しくしてくれるなどプラスの要素を持った物なら残しても良いです。反対にマイナスの要素を持つならば、処分をするのが良いです。上記を参考にすれば、不動産屋から借りた物権をキレイに保つ事ができます。

衣替えのタイミングでやると

断捨離は衣替えのタイミングでやると、一気に家の中の物を捨てら・・詳細はクリック